【丸の内へ通勤するならどこに住むのが良い?】

コラム マイホーム購入

住む場所を考えるとき、通勤に便利な場所であることは最重要項目の一つです。通勤時間は短いに越したことはなく、定期代も通常は勤務先負担でしょうが、高いよりは安い方が良いです。そこで、通勤時間や定期代がどのくらいかかるかを知るために、勤務地を丸の内・大手町界隈と仮定し、東京近郊の主だった駅からの時間と費用を調べてみました。

 

●路線によって定期代に大きな差がある!
調査は全てヤフーの乗換案内を使用して行っています。勤務地を丸の内・大手町界隈とし、東京駅(JR・東京メトロ)または大手町駅(東京メトロ・都営地下鉄)までの運賃等を調べています。

 

前提条件
日時……2018年10月15日(月)午前8時到着
運賃……現金の場合の運賃
歩く速度……「少し急いで」で設定
手段……新幹線、有料特急、高速バス、路線バスは調査対象外

 

表には各駅を最も遅く出発できる経路や、定期代が最も安い経路を載せていますが、より有利な条件の経路があるかもしれないので、参考情報(目安)として下さい。

 

一つ目の表はJR武蔵野線とJR南武線の主だった駅を出発点とし、神奈川県にある川崎新町駅から千葉県にある南船橋駅まで時計回りに載せています。

東京・大手町駅からの距離は、近くて武蔵小杉駅の16.8km、遠くて府中本町駅の36.7kmです。比較的遅く出発できるのは、川崎・京急川崎駅(7時39分発)や武蔵小杉駅(7時33分発)、西船橋駅(7時28分発)等です。家から駅までの移動時間と東京・大手町駅から職場までの移動時間を足しても1時間以内で収まりそうです。

 

比較的早く出発しなければならないのは、府中本町駅(6時47分発・55分発)や稲田堤・京王稲田堤駅(6時59分発)、西国分寺駅(6時52分発)等です。東京駅や大手町駅が東京都の東寄りに位置しているので、多摩地域からの通勤は時間がかかりやすいです。西国分寺からは中央線で直接行けば17分時間短縮(電車賃は上がる)できます。

 

定期代は川崎・京急川崎駅(9,050円)、武蔵小杉駅(9,050円)、西船橋駅(8,760円・9,050円)だと1か月1万円をきります。逆に稲田堤・京王稲田堤駅(20,310円)や南流山駅(22,450円)、東松戸駅(33,910円)は2万円を超えます。東松戸駅は距離が23.2kmで西船橋駅(20.1km~20.6km)と大差はありませんが、定期代は3倍以上の開きがあります。片道運賃の差も大きく、住んでから知って後悔することのないよう、気を付けたいものです。

 

●国道16号線エリアからの通勤は片道1時間超えを覚悟しておくべき
二つ目の表は、東京近郊の環状道路である国道16号に近い郊外主要駅を出発点としています。神奈川県にある横須賀中央駅から千葉県にある木更津駅まで時計回りに載せています。

 

国道16号は武蔵野線・南武線のかなり外側に位置しており、都心からは少し距離がありますが、各高速道路のインターチェンジが多く、物流や観光に欠かすことのできない重要な道路です。このエリアに住むと、都心への通勤は少し大変でしょうが、大規模商業施設が非常に多いので、自動車があれば生活に不便さはありません。

表に載せた駅の東京駅や大手町駅からの距離は、28.8kmの横浜駅が最も近く74.3kmの木更津駅が最も遠くなっています。国道16号の両端の横須賀中央駅と木更津駅を除けば、28.8km~48.4kmに位置しています。

 

朝、比較的遅く出発できるのは横浜駅(7時29分発)、大宮駅(7時23分発)、柏駅(7時21分発)等です。どれも利便性抜群のターミナル駅なので、駅から徒歩圏に住めるようなら、通勤はあまり苦にはならないでしょう。

 

比較的早く出発しなければならないのは、距離のある木更津駅(6時20分・48分発)や横須賀中央駅(6時39分・49分発)で、通勤時間が片道で2時間、往復で4時間かかってしまうこともありそうです。人口減少時代、丸の内界隈へ通勤するには厳しい場所と言えます。

 

定期代も出発時間の遅い横浜駅(13,900円)や大宮駅(15,810円)、柏駅(16,480円)が比較的安く、千葉ニュータウン中央駅(40,930~47,620円)や勝田台・東葉勝田台駅(21,210~35,160円)が比較的高いです。これは北総線や東葉高速線の運賃が割高な設定になっているためで、もし定期代が自己負担だとしたら、非常に厳しいものがあります。

 

個人的には、行きも帰りも毎回座れて、乗り換えが少なく、定期代が自己負担でないなら、通勤時間が1時間を超えてしまっても仕方ないと思いますが、やはり近いに越したことはありません。すし詰め状態の満員電車に毎日長時間乗っていたら、体力を奪われて仕事にならないのではないでしょうか。住む場所を選ぶときは、通勤のことも考えて選ぶようにしましょう。

 

 

 

松浦建二(CFP ®認定者・1級FP技能士)

どんなことでも、気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

ページ上部へ▲

無料相談

閉じる