【戸建てに住むなら北面道路の敷地が良い?】

コラム

戸建ての場合接する道路は南側にあった方が良いとか、角地が良いとか、接路に関する話を聞いたことはありませんか?戸建てに住む場合、一般的には接道のある敷地に建つ家に住みます。どのように接しているかで、建物の配置や間取りは変わってきます。そこで、接する道路が建物に与える等について、どれが良いというよりどのような違いがあるのか、筆者なりにまとめてみました。

 

※戸建てのイメージ(筆者撮影)

●人気は東南の角地
昔から敷地に接する道路が東側と南側にある角地が人気です。人気の理由はおそらく次のような理由からです。

 

・ 東と南が道路だと日当たりが良いから
隣家とあまり距離のない住宅街等では、隣家があることで日当たりが悪くなることは多々あります。しかし太陽のある方向が道路であれば家が建つことはないので、半永久的に日当たりの良さを確保できます。

 

・ 2方向道路の角地だと、車庫や玄関を配置しやすいから
戸建てでは自動車の出入りと人の出入りをどこにするかは、間取りを考えるうえで大事なポイントになります。道路に接する距離は長ければ長いほど理想の配置や間取りを追求していくことができます。東南に限りませんが、角地であれば玄関を違和感なくどの方向に持ってくることも可能です。

 

・ 人気があることで資産価値が高いから
固定資産税の評価方法では、敷地が整形な角地は評価額が若干高くなります。実際の売買においても角地(特に東南)は人気があるので、売買価格が高めになりやすいです。買う方は大変かも知れませんが、所有者にとって資産価値の高い土地を保有していることは、悪い話ではないと思います。

 

 

●北面道路はプランニングしやすい
接する道路が一方向だけの場合、簡単に言えば道路は敷地の東面・西面・南面・北面のいずれか(微妙な角度や敷地延長の土地は除く)にあります。そこに住む場合、道路の向きが間取りに影響を与えます。

 

・ 東面は朝方の日当たりを期待できる
東側に隣家がないことで、午前中の日当たりはとても良好です。車庫と門扉は東側になり、敷地が広大でなければ玄関も東側になります。玄関が東(なるべく北寄り)になることで、1階のLDKや居室を日当たり良く一体で配置しやすいです。ただ、敷地が東西に長いと庭が細長くなりがちで、庭の使い方を考えたうえでの間取りが重要です。
道路が東面の敷地は、朝の日当たりを重視したい人やLDKを広々と使いたい人に向いています。

 

・ 西面は西日の考え方次第
西面道路は夕日が良く入ってきます。東面の朝日と比べると多くの人は朝日の方を好むと思いますが、家にいる時間に日が当たる方が良いから東より西が良いという人や、夜勤が多く午前中寝ていることが多いから東面を避ける人もいます。東面か西面かは生活スタイルに合った方にすると良いでしょう。

 

・ 南面は比較的人気がある
建物の前には庭があり、その前が道路なので、日中の日当たりはかなり良いです。道路からは建物の顔(表側)が見えるので見栄えも良いです。自動車も人も南から出入りし、人は玄関まで庭を通って行くことになります。この場合、庭を眺められるのは良いですが、通路の分だけ庭は狭くなります。各居室から庭や道路を眺められて開放感がある一方で、通行人から室内を除かれてしまう心配もあります。
道路が南面の敷地は、日当たり良く開放感のある家を好む人に向いています。

 

・ 北面はプランニングしやすい
南面よりも人気がなさそうですが、家のプランニングは一番しやすいです。戸建てが建つ住宅街は建ぺい率・容積率の制限が厳しく、隣家の日当たりを確保するために、敷地境界線から建物をある程度離す必要があります。しかし北側が道路であればそのような心配はあまりなく、建物の北側を車庫や通路に活用できるので、その分だけ庭を広く確保することができます。庭は道路から見えない(隣家からは見える)ので、人目を気にする必要もあまりないです。
道路が北面の敷地は、敷地を効率よく使い、庭でいろいろ楽しみたい人に向いています。

 

 

 

※戸建てのイメージ(筆者撮影)

 

筆者は住宅会社で戸建ての営業経験がありますが、敷地面積が限られた市街地では、かなり神経を使ってプランニングしました。法律上建てられないプランを提案するわけにはいきませんし、一度建てたら数十年は使い続けるので小さな失敗も許されません。建てる人にとっては人生で一番大きな買い物という事もあります。

 

自分の希望する建物が希望通り建った時は、施主は勿論営業担当者も感動します。建売りや中古を購入しても戸建てに住むことはできますが、一生に一度くらいは、自分が施主となって家を建てたいものですね。

 

※土地や建物に関する具体的な相談については、不動産業者や住宅に強いファイナンシャルプランナー等に相談してみて下さい。

 

 

 

松浦建二(CFP ®認定者・1級FP技能士)

どんなことでも、気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

ページ上部へ▲

無料相談

閉じる