【新築VS中古】

コラム

さて、「マイホームを持とう!」

と思い立った時に、皆さんはまずどんな事を考えますか?

 

どこに住むの?

いくらの物を買うの?

いくらなら買えるの?

戸建て?マンション?

新築?中古?・・・

 

今回はこの中から新築と中古について、お話したいと思います。

 

突然ですが、新築の良さって、なんでしょう?

 

言わずもがなですが、新しい。綺麗である。

もちろん設備や仕様も最新のものがほとんど

アフターサービス等の充実特に、建物の構造部は10年保証される

オプションや間取り等が好きに選べる場合がある

 

 

一方で、こんなデメリットも。

 

値段が高い。同じ予算でも中古と比較したら駅から離れてしまう

希望するエリアには新築がなかったり、選択肢が少ない・・・

 

新築当事にピカピカなのは当たり前だが、時間の経過・管理のクオリティは未知数。

華やかに見える共用施設も、実際には誰も使わず管理費だけが高騰する事も。。。

 

どんな人が住むのかは、入居するまでわからない。

 

 

 

反対に、中古はどうでしょう?

 

 

自分の住みたい町から選べるから子供の転校や、生活環境を変えずにすむ。

同じエリア・広さで比べると、新築より価格が安い。

ある程度、管理状態や住人の様子がわかる。

実物の眺望、室内、騒音など、確認して購入できる。

仲介会社に依頼し、売主さんと価格交渉ができる場合がある。

 

以上が、一般的に言われるメリットです。

 

デメリットとしては

 

仲介手数料がかかる

例:4,000万円の物件を購入した場合。

4,000万×3%+6万円×8%=1,360,800円

の手数料がかかります。

 

リフォームが必要な場合がある

 

アフターサービス等の期限がきれている場合がある

売主が個人の場合、一般的に保証は3ヶ月程度。

住宅設備については7日程度です。

 

築年数により、耐震性、災害対策が不安

などなど、一般的に言われているのはこのあたりです。

 

但し、中古といっても、築年数やエリア、広さなどの条件によっては新築より

高くなる場合もあるし、新築であっても、設備や性能が中古に劣るものも。

 

ここで大事になってくるのは、あなたの住まい選びに対する優先順位です。

 

子供の学区なのか、広さなのか、

新しさなのか。

将来の売却を見込んでいるのか、

それとも永住するつもりなのか。

 

等々、購入に踏み切るステップの前に、自分たちが住まいに求める条件は何か、

優先順位を整理して、新築・中古のどちらもあわせて検討してみましょう。

どんなことでも、気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

ページ上部へ▲

無料相談

閉じる