【持ち家はいるの!?】

コラム

 

「夢のマイホーム」

 

という言い回し。

皆さま、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

使ったことがある方も多いかもしれません。

 

 

当社にご相談にいらっしゃる方のご理由は色々あります。

 

・お子様に残してあげたい

・賃貸ではなく、気兼ねなく自分の家に住みたい

・将来が心配

・家族の為に家が欲しい

・広い家に住みたい

・家賃がもったいない

 

皆様は、どうしてお家を持ちたいと思われるのでしょうか?

 

 

反対に、家が欲しくない人、一生賃貸暮らしでも構わないといった考え方の人もいます。

 

 

我々のところへご相談に訪れる方の中にも、色々な方がいらっしゃいます。

日本の場合は、住宅を購入すると価値が下がるという印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

確かに、資産として家を購入することを考えた場合は、価値が下がらないものを購入したいと思われるのではないでしょうか。

 

 

しかし、我々が住宅購入をご検討されるお客様の多くは、「安心」を手に入れる為。

とお考えになる方が多いような気がします。

 

 

最近では、共働きのご世帯が多くなってきましたが、キャリア形成の為、

それ以上に共に家庭を守るために働いている方も多いのではないでしょうか?

マイホームを持つことで、家があるという安心感を手に入れることが出来ます。

 

 

既に、ご存知の方も多くいらっしゃいますが、住宅ローンには団体信用生命保険という生命保険が金利の中に含まれています。

住宅ローンを借りている方に、保険が適用になること(借入先の銀行や契約内容によって事例は異なります)が起こった場合には、残代金が保険によって支払われます。

 

その点、ご家族をお持ちの方にとっては、何か不測の事態が起こった際には、家族に家を遺して差し上げることが出来ます。

 

これが、賃貸にお住まいだった場合には、賃貸の家賃を払い続けたまま、病院の治療費やお子様の学費、食費、生活費(奥様が専業主婦だった場合には、もっと大変ですね)など、今まで当たり前に支払っていた必要経費すら、生活を圧迫することになりかねません。

 

 

そこでマイホームが役に立ちます。

 

いざとなれば、売却して田舎に帰ることもできます。

そのころ、残債は残っていないはずなので、売却益は預貯金へ。残されたご家族を守るための資金になります。

 

 

そういった意味でも、マイホームは資産となり得るのです。

売却して高く売れる、損をしない。などという損得勘定だけの資産ではなく、安心を買うための手段なのです。

 

 

また、昨今、女性の社会進出が目まぐるしいですが、ご夫婦でペアローンを組まれる方も増えてきています。

 

ペアローンについて、様々な方法がありますが、この返済方法を選ばれる方は、ご夫婦それぞれでご収入がしっかりある方です。

住宅ローン控除を無駄なく受け取る方法として、ペアローンを選択される方が増えてきています。ご夫婦でそれぞれご収入のあるご家庭の方は、検討してみる価値はあるのではないでしょうか?

 

 

当社でも、様々なシミュレーションが可能です。

色々な可能性を検討なさった上で、後悔のないマイホームを手に入れるお手伝いをしております。

 

 

どんなことでも、気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

ページ上部へ▲

無料相談

閉じる