【マンション管理費の現状】

コラム マンション

所有しているマイホームが戸建てなら、維持管理のために負担しなければならない費用は特にありませんが、マンションの場合は管理費や修繕積立金を毎月払うのが一般的です。ただ、できることなら、なるべく支出額を抑えたいものです。そこで、管理費と修繕積立金の理解を深め、適正額をイメージできるよう、平均値等を調べてみました。今回はまず管理費についてです。

 

●マンション管理費の月額平均は15,257円

 

資料:国土交通省平成25年度マンション総合調査
※不明を除く

 

国土交通省のマンション総合調査では5年毎にマンションについて調査しており、直近の平成25年度の調査結果によると、一戸あたりのマンション管理費(使用料・専用使用料からの充当額を含む)の平均は月額15,257円となっています。全体の6割が1万円超~1.5万円以下(33.2%)または1.5万円超~2万円以下(26.6%)に入っていますが、中には管理費を2,500円以下(0.7%)や5万円超(1.3%)にしているマンションもあります。

 

●マンションが大規模だと一戸あたりの管理費は低くなる傾向にある
次に一戸あたりの管理費をマンションの総戸数規模別に分けてグラフにしてみました。

資料:国土交通省平成25年度マンション総合調査

 

管理費を総戸数の規模別にみると、戸数が20戸以下だと平均が21,599円にもなり、全体の平均より6千円以上も高くなっています。戸数が21戸から200戸までは、総戸数が増えるに連れて管理費が低くなっています。一定の規模までのマンションは似たような設備を維持管理していくので、費用を分担する戸数が多ければ多いほど、一戸あたりの負担額は少なくて済む傾向にありそうです。グラフの200戸を超えるような大規模マンションになると、ジムやゲストルーム等の付帯施設が増え、コンシェルジュも配置すれば、維持に必要な管理費は増えていき、一戸あたりの管理費も高くなっていきます。

 

●㎡あたりの管理費もマンションの規模に連動しやすい
マンションの管理費を㎡あたり(面積別)でも確認してみました。

資料:国土交通省平成25年度マンション総合調査

 

マンションの管理費を㎡あたりで計算すると、平均は211円となっています。専有面積が50㎡だと10,550円、70㎡だと14,770円が管理費の平均値です。㎡あたりの管理費もマンションの総戸数規模と関連性があり、戸数が少ないマンションほど単価が高くなる傾向にあります。20戸以下の264円は301~500戸の158円と比べて106円(67%)も高くなっています。

 

また、管理組合単位での管理費総収入をみると、全体の平均は152.5万円ですが、20戸以下のマンションは平均32万円しかありません。逆に501戸以上のマンションは平均で1082.4万円にもなります。マンションとひと口で言っても、規模によって管理費には大きな差があり、それぞれ規模に合った適切な維持管理が重要になってきます。

 

もし管理費を抑えたマンションに住みたいと考えるなら、151~200戸規模のマンションを中心に探していくと、希望のマンションが見つかりやすそうです。

 

 

松浦建二(CFP ®認定者・1級FP技能士)

どんなことでも、気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

ページ上部へ▲

無料相談

閉じる